img-01 img-02 img-03 img-04 img-05 img-06 img-07 img-08
キャストでゼロエネルギー住宅

ゼロエネルギー住宅の考え方

ゼロエネルギー

世界中がCO2排出量の削減に取り組んでいる今、家まるごと「CO2±0(ゼロ)」のくらしをご提案します。
家電製品の省エネ性能を高め、さらにHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)による家全体のエネルギー管理や真空断熱材を応用した建材も活用することでCO2を徹底的に削減。それでも必要となるエネルギーは、太陽光発電、燃料電池、蓄電池によるベストミックスでまかないます。
建物の断熱性能の向上を図り、設備(暖房、冷房、喚起、給湯、照明)の省エネ化を図り、エネルギー使用量の削減を図ります。
太陽光発電等の創エネ設備で削減後のエネルギー使用量相当分を補います。

おウチまるごと「CO2±0(ゼロ)」のくらし

「CO2±0(ゼロ)」

家電製品の省エネ性能、高断熱の建築材料なども活用し、CO2を徹底的に削減。
それでも必要となるエネルギーは、太陽光発電、燃料電池、蓄電池による創エネ・蓄エネでまかないます。
そして、これらをつなぎ、エネルギーをかしこくコントロールするホームエネルギーマネジメントシステムでCO2±0(ゼロ)。
自然の恵みを上手にとりいれて、心地よいくらしを実現します。

使う電力をへらす

・LED照明
・家の構造
・エコナビ搭載家電

使う電力を自分の家でつくる

・太陽光パネル
・家庭用燃料電池

つくった電力をためる

・リチウムイオン蓄電池

かしこくコントロールするためにつなぐ

・エネルギーマネージメントシステム

使う電力をとことんへらす…商品の省エネを追及。

・自然の通風を利用した喚起システムや、エアコンの気流のコントロールで、CO2を削減します。
・太陽の光を室内に上手に取り込み、証明をくらしのシーンに合わせることで、CO2を削減します。
・節水を追求し、水回り設備のお掃除回数を減らすことでCO2を削減します。
・真空断熱材や、空気の熱を利用する技術でCO2を削減します。

必要な電力は自分の家でつくる…「エネルギー」を生み出すくらし。

世界最高水準の発電効率を実現した太陽光発電システムやエネルギーを効率的につくる燃料電池で、CO2排出量を削減します。

つくった電力をためる…「エネルギー」を蓄えるくらし。

おウチの太陽光発電や燃料電池でつくった電気を蓄えておき、ムダなく使用することで、CO2を削減します。

かしこくコントロールするためにつなぐ…エネルギーをマネジメント。

おウチまるごとのエネルギーを見える化してかしこくマネジメントしたり、直流と交流の電気を効率的に使うシステムにより、いっそうCO2を削減します。

エネルギーマネジメント

エネルギーマネジメントシステム

エネルギーをつくる「創エネ」、エネルギーをためる「蓄エネ」、個々の商品における「省エネ」、そして、それらをトータルで制御する「エネルギーマネジメント」の事業を展開します。「創」「蓄」「省」のデバイス・機器から、それらをつないで最適制御するエネマネシステムまで提案していきます。

ゼロエネルギー

太陽光発電システムの光熱費削減効果

月々約12,000円の光熱費がかかっていた家庭に 平均的な容量(4kW)の太陽光発電システムを搭載すると 年間約14万円の光熱費の節約が可能とされています。

給湯機器の光熱費削減効果

一般家庭で使用されるエネルギーの約27.8%を占める給湯。 この給湯にかかる光熱費を下げることによって、 家庭の光熱費を大きく下げることが可能です。

エコキュート

エコキュートは、1のエネルギーを3以上の熱エネルギーに変えることができる ヒートポンプという方式を使い効率良く電気でお湯を沸かすことができます。
また、オール電化にすることで、 夜間の電気単価の安い時間帯で1日使うお湯を沸かすので、 さらに光熱費を下げることが可能です。

エコウィル

エコウィルとは、ガスコージェネレーションシステムとも呼ばれ、 ガスエンジンで発電するときにでる排熱を給湯に使うシステムで、 電気とお湯の両方を作るシステムです。
電気を1kW発電する時に、 2.8kW分のお湯を作ることが可能で、 作ったお湯を貯めておく仕組みはエコキュートと同様です。
エコウィルの場合、作ったお湯で給湯と床暖房といった利用がされています。 従来のガス器具と比較して、割安な料金設定になっているので、 トータルで考えても、年間の光熱費の削減効果があります。

エコジョーズ

従来のガス器具では、200℃にも達する排熱をそのまま排気していたのですが、 エコジョーズでは、その排熱を二次熱交換器にまわすことで、 捨てる熱を少なくしている特長を持ちます。
それにより、熱効率は、従来の75%から95%まで向上させることが 可能です。
エコキュートに比べるとイニシャルコストが安く 約3/5となっています。

Copyright (c) 2013 キャスト All Rights Reserved